新型コロナウイルス感染拡大期のギャンブル行動の変化

新型コロナウイルスのパンデミックにより、依存的行為の増加など、人々の心の健康への悪影響が拡大するおそれがあります。

老舗のInterCasinoオンラインカジノがオススメ!

いくつかの調査では、現在の危機とその影響によりギャンブルの問題が深刻化することが示唆されています。新型コロナ対策として接触を避ける施策が取られ、社会的孤立が進んでいることで、経済にも精神の健康にも影響が広がっています。そのストレスがパンデミック期間のゲーム市場の変化にもつながっています。このような状況は、関係諸機関によるこの分野への緊急調査と予防的規制措置を必要としています。

新型コロナウイルスに感染することへの恐れ、友人や親戚との交流機会の喪失、外出禁止やさまざまな規制が、私たちの日常生活を変えてしまいました。これは健康への潜在的リスクであり、世界中の多くの人たちも同じリスクにさらされています。パンデミックがメンタルヘルスに及ぼす影響に注意するよう促す様々な調査結果が出ています。その中には依存的・中毒的行為に警鐘を鳴らすものもあります。

パンデミック期における、ゲームやポルノ関連の行動変化が報告されており、新型コロナウイルスによるストレスからギャンブルを行う人が増加する傾向があります。ギャンブル問題は新型コロナ危機による健康被害の1つとなるおそれがあり、公的な予防の取り組みと体系的な調査データの収集が必要となるでしょう。

世界中の多くの人がギャンブルに関する問題を抱えており、それは財政や精神的な問題ともつながっています。これまでの国内あるいは国際的な経済危機においても、ギャンブル関連の行動に変化がみられ、問題が深刻化しました。たとえば、前回のギリシャの財政危機時にはギャンブル問題が拡大し、とりわけ女性の間で顕著でした。

アイスランドの金融危機においてもギャンブルをする人が増加し、特に男性の間でのオンラインカジノ依存など関連の問題が深刻化しました。

現在の経済危機、財政不安はギャンブルで稼ごうとする動機となり得ます。調査データには、新型コロナの影響による経済問題によりギャンブル関連の損失が増大することが示されています。この可能性に関して体系的調査が進行中です。

ギャンブル市場の特質を吟味する必要があります。オンラインカジノは世界中で急成長しています。

中国で指摘されたように、オンラインカジノには多くの人が家に閉じこもることにより、ある種の健康被害をもたらす特質があり、労働環境の急激な変化、心理社会的ストレス、不安や抑うつといった状況を引き起こします。その手軽さとスピードにより、オンラインカジノは特に憂慮すべき要因となる可能性があります。スポーツベッティング以外のオンラインギャンブルは損失額が高くなる傾向があるのです。

最近の研究で、オンラインギャンブルがギャンブル問題において大きな割合を占めることがわかっており、オンラインカジノが健康被害をもたらすおそれのあることが示されています。

オンラインカジノで遊ぶ主な理由には、手軽に利用できるということのほか、退屈しのぎや気晴らしがあるとされています。

パンデミックによるもう1つの特徴的な変化として、スポーツへの影響があります。スポーツベッティングができなくなると、それ以外のオンラインギャンブルが盛んになる可能性があります。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、サッカーなど、普段賭けの対象にしていたスポーツイベントのほとんどが、現在中止されています。どれぐらいの人がスポーツベッティングから他のギャンブルに乗りかえるかはわからないので、このことがギャンブル市場全体の縮小につながるかどうかも不透明です。このことについては緊急に更なる調査が求められます。特に、スポーツベッティング以外のオンラインギャンブルは借金を作る大きな要因となるからです。スポーツイベントの中止やランドカジノの閉鎖によって、ギャンブル市場がどのように変化するかはまだよくわかっておらず、影響が大きくなる可能性もあります。たとえばスウェーデンのメディアは、プロスポーツの試合が中止されている間、10代の少年サッカーの試合やアマチュアの交流試合に多額の賭け金が流れていると報じています。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x